月: 2022年8月

TAクリニックのTAC式医療脱毛はどんな脱毛方法なの?特徴と口コミ評判を解説

PR
TAクリニックのTAC式医療脱毛

こんにちは。

美容LABORATORY

美容・健康&役立ち情報ブログの

コラムを書いているにっしーです。

前回のコラムの免疫力アップの記事は、

お読みいただけましたでしょうか。

今回のコラムでは、

TAC式医療脱毛という施術を行っている、

TAクリニック さんをご紹介させていただきます。

TAクリニック さんの特徴と口コミ評判の解説を

見ていきましょう。

TAクリニックのTAC式医療脱毛の特徴とは?


TAクリニックのTAC式医療脱毛の特徴では、

メディオスターNeXT PRO という、

最高峰の医療脱毛マシンを備えて施術しております。

TAクリニックでは、

従来の医療脱毛の方法とは違い、

新しい毛をつくるために必要な発毛因子を送り出す、

「バルジ領域」に直接働きかけて組織を破壊するため、

再度発毛する可能性が低いという特徴があります。

エステで行われる光脱毛は、

一時的な低出力の脱毛であるため、

メディオスターNeXT PROの脱毛と、

比較した場合では、その脱毛効果は大きく異なります。

TAクリニックでは、

その施術の効果、痛み、医師の診療、

アフターケア、施術の期間、どれをとっても、

お客様に合わせた脱毛施術を可能としているのが特徴です。

TAクリニックのTAC式医療脱毛のメリットは?


TAクリニックのTAC式医療脱毛のメリットでは、

  • 痛みも少ない。
  • 再度発毛する可能性が低い。
  • 出力によって期間調整が可能。
  • 医療脱毛に詳しい医師からの丁寧な診察。
  • あらゆる肌質、毛質、肌の色に対応している。
  • 医療脱毛に詳しい医師からの適切なアドバイスとケア。
  • 他店からの乗り換えで総額から2万円割引(条件あり)。

上記のような良いメリットが充実して揃っています。

脱毛部位も、各部位、全身に対応しているようです。

TAクリニックのTAC式医療脱毛のお店はどこにあるの?


TAクリニックのTAC式医療脱毛の店舗展開では、

東京、大阪、福岡の3つの店舗になっているようですね。

詳しい所在につきましては、

ホームページにてマップがございましたので、

そちらをご参照くださいませ。
TAクリニック_WEB予約

TAクリニックのTAC式医療脱毛の気になる口コミ評判と料金は?


TAクリニックのTAC式医療脱毛の、

気になる口コミ評判について、

独自調査した結果では、

クチコミ評判の全体の印象としましては上々でしょう。

先生のカウンセリングや、説明は、

今まで出会ったどの先生よりも、

詳しく丁寧で信頼感がありました。

スタッフの方たちも対応良いです。

<Googleから引用>
上記のようにクチコミ評判では、

対応が良いという評価が多かったですね。

 

料金につきましては、

部位別、プランコース詳細の料金表が、

ホームページにて表記がございますので、

そちらをご参照くださいませ。

最後に


今、

TAクリニックのTAC式医療脱毛のお店では、

脱毛に関するお悩み、ご相談、料金のお見積り、

どんなクリニックなのかを知っていただける機会として、

下のバナーリンクよりホームページにて、

無料カウンセリングのご予約を受付中になっています。

医療脱毛で脱毛したい方、始めての方、

無料カウンセリングのご予約から試みてはいかがでしょうか。

TAクリニックのTAC式医療脱毛
TAクリニック

夏が終わり気温が下がる秋の時期の免疫力アップの方法を解説!

※当ブログで使用している画像、肖像モデルについては、全て著作権フリー画像サイトから
 独自にダウンロードしたイメージに近いものを使用しているものになります。

こんにちは。

美容LABORATORY

美容・健康&役立ち情報ブログの

コラムを書いているにっしーです。

前回のメンズ医療脱毛のご紹介記事は

お読みいただけましたでしょうか。

今回のコラムでは、

夏も終わる頃の時期、

9月から少しずつ秋らしい気温になり、

朝晩が冷え込む時期が増えてきますね。

そこで、気温が下がり、

風邪などをひかないために免疫力アップを

どのようにすればいいのかを解説していきましょう。

気温が下がるとなぜ風邪をひきやすいのか?


夏が終わり、秋らしい風が吹いて来ると、

朝晩の寒暖差で風邪をひく人も少なくないでしょう。

季節の変わり目の寒暖差にも、

体の順応が早い人と遅い人が居たりもしますね。

湿度が下がり、空気が乾燥してくると、

ウィルスや菌が、長時間、

浮遊していられるようになるため、

気温が下がると風邪や、ウィルス性の発熱などに、

かかりやすい状況になるというわけですね。

くしゃみ、鼻水、発熱というのは、

体の免疫機能がウィルスなどを

外部に追い出すための自浄機能なのです。

次の項目でその対処方法を見ていきましょう。

免疫力アップをする方法とは?


免疫力アップをする方法と聞いて、

代表的ことをいくつかあげてみました。

  • 冷え対策をする。
    湯舟に浸かることを意識したり、
    ストレッチやマッサージなどもする。
  • 適度な運動で筋肉量を増やす。
    毎日の軽い自重トレーニングや、
    フィットネス、ウォーキングなどで、
    鍛えて筋肉量を増やすことがとても重要です。
  • 食事のバランスを考えて食べる。
    P(タンパク質)、F(脂質)C(炭水化物)、
    そこに加え、ビタミンやミネラルなどを
    生活スタイルにより、整えておく必要がありますね。
  • ストレスをできるだけ溜めない。
    運動不足により睡眠時間少なくなる傾向もあるようですが、
    自分自身を解放する時間や、フリーの時間を作るなど、
    ストレスを溜めないことは免疫力アップになりますね。
  • 体調に合わせ睡眠時間を確保する。
    個人差により生活スタイルで睡眠時間は、
    かなり違うと言えるでしょう。
    自分に合った深い睡眠時間を得ることで、
    疲労を軽減出来て免疫力アップにもつながりますね。

どの項目においても、

ちょっとした簡単なことばかりですが、

意識を高めて上記のことを励行することが、

とても重要なポイントでしょう。

普段から食べるものに意識を向けることが免疫力アップになる?


食のバランスというところで、

前項目でもお伝えしていますが、

「普段からたべるので私たちの体は作られている」

という認識を皆さんはお持ちでしょうか。

例えば、ジャンクフードばかり、

インスタントばかり、肉食過多だったり、

そんな食生活をしていると、今は大丈夫でも、

時を経て体に何らかの危険シグナルの反応が出ることがあります。

最後に

夏から秋にかけ、気温が下がるとともに、

体温も連ねて下がる傾向にありますので、

しっかりと冷え対策も行って、

カラダを温める食べ物も選びましょう。

 

他記事でも、

美容、健康に関しての情報コラムや、

美容のお店をご紹介している記事を書いております。

他記事にも、ご興味がある項目があれば、

アーカイブ一覧の中からご覧くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

動物性食のたんぱく質を摂りすぎるとどうなる?危険なのか?

※当ブログで使用している画像、肖像モデルについては、
 全て著作権フリー画像サイトから独自にダウンロードした、
 イメージに近いものを使用しているものになります。

こんにちは。

美容LABORATORY

美容・健康&役立ち情報ブログの

コラムを書いているにっしーです。

前回のコラムでのパーソナルトレーニングジム

ご紹介記事はお読みいただけましたでしょうか。

今回のコラムでは、

美容にも、健康にも、最も興味深い、

動物性たんぱく質を摂りすぎることについて、

独自調査した結果から解説していきましょう。

必ずしもこの独自調査した結果が、

絶対正しいと言うわけではありません。

”こんな意見もある”というスタンスで、

情報を認識して頂ければ幸いです。

タンパク質の定義とは?

先ずはタンパク質の定義から解説していきましょう。

タンパク質には、以下の、

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2つに分類されます。

<動物性たんぱく質>

主に、肉・卵・牛乳・魚などに多く含まれる。

<植物性たんぱく質>

主に、野菜、全粒穀物、

大豆、豆類、ナッツなどに含まれる。

学校などでは、習う知識では、

肉=たんぱく質と教わるため、

多くの人が野菜にはたんぱく質が無いと、

洗脳されていて勘違いをしてしまっています。

実は、たんぱく質そのものというのは、

食べるもの(食品)全てに含まれるものなのです。

そして、タンパク質をとり入れ、

他の栄養素とのコラボすることで、

体の健康維持に役立つ栄養素でもあるということですね。

タンパク質の摂取量は、

加齢ととも多くを必要とし、

日本では、豆類を食べる習慣が、

少しずつなくなりつつあるようですね。

タンパク質の体への影響は?

この項目に関しても、

体を鍛えているトレーニーのひとは、

よくご存知かと思いますが、体の筋合成を促し、

欠かせない栄養素のひとつだという認識が皆さんにもあるでしょう。

実際に日常生活に、

タンパク質の摂取量が少ないひとの場合には、

未病や、病気にかかりやすかったり、成長期の場合には、

極端に不足した場合においては、成長不良などが懸念されます。

反対に、タンパク質を摂りすぎている場合には、

体内エネルギーとして消費しきれないために、

太るという現象になることもあるようですね。

タンパク質摂取量の適量というのは個々に違うので、

ご自身に必要な適切なタンパク質摂取量を知ることが重要です。

動物性たんぱく質を摂りすぎているとどうなるの?

体の各部位での筋肉というのは、

タンパク質からできていて、

日々のトレーニングや運動などで、

常に筋繊維の合成と分解が繰り返されているため、

日常生活での食事から、タンパク質をしっかり摂る、

その認識が大切になります。

からだの筋肉を維持するために、

必要なタンパク質量では、1日に体重1kgあたり、

タンパク質1g以上を摂るほうが良いとされています。


フレイル
のリスクがある高齢者になってくると、

筋肉量を増やす必要があるために、

タンパク質の量は、

1日に体重1kgあたり1.2g以上】

を必要とするようになる計算なのです。

体重50Kgの人場合では、

50Kg×1.2g=60g

という必要摂取量の目安の計算になりますね。

ですが、今、注目すべきは、

「動物性食品を食べ過ぎないようにした方が良い」

という欧米諸国の医療研究での研究結果がでているのです。

動物性タンパク質は、

アミノ酸スコアが高いとされていて、

良質なタンパク源にもなるのですが、

日常的に食べ過ぎている場合には、

必要以上に、飽和脂肪酸や、

コレステロールが増える傾向もあり、

成人病や、ガンの発生率高いとも言われています。

植物性タンパク質ではどうなの?

欧米諸国の医療機関での、

植物性たんぱく質についての研究結果を独自調査した結果では、

植物性タンパク質を摂取することで、

2型糖尿病や高血圧のリスクを

飛躍的に抑えられるという研究が発表されています。

日常的に、植物性タンパク質を意識して摂ることで、

血圧、血中コレステロール値、血糖値の急上昇などについても、

良い変化が見られるという結果がでているのです。

 

東フィンランド大学の

医療研究結果の独自調査した文献では、

1日約5gの動物性タンパク質を

植物性タンパク質に置き換えることで、

糖尿病のリスクが18%減少するという記述もあります。

植物性タンパク質を摂ることで、

血糖値が低下するというのは、

ほぼ間違いない情報のようですね。

最後に

筋力トレーニングも何もしないひとが

プロテインを飲んだだけで、

体がバッキバキになることは絶対に有りませんし、

飲み過ぎて腎臓に負担がかかるというは、

よほどの量を飲んでいる場合じゃないと無いことです。

タンパク質は、日常普通に食生活で、

バランスを考え食べている分には、

何ら問題ありません。

偏食しているひとや、

好き嫌いが多いひとにおいては、

タンパク質が不足している場合があるので、

その点は注意が必要かもしれませんね。

ヴィーガン菜食主義の人が、食事で、

タンパク質不足になるという事も一切ないことです。

肉食過多よりも、ビタミン、タンパク質摂取量も、

多く摂取できているという研究結果も立証されています。

 

他記事でも、

美容、健康に関しての情報コラムや、

美容のお店をご紹介している記事を書いております。

他記事にも、ご興味がある項目があれば、

アーカイブ一覧の中からご覧くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございます。