タグ: ダイエットの食事

悩み多きダイエットの効果が期待できる食べ物と食べる回数と量の最適解は?

※当ブログで使用している画像、肖像モデルについては、
 全て著作権フリー画像サイトから独自にダウンロードした、
 イメージに近いものを使用しているものになります。

こんにちは。

美容LABORATORY

美容・健康&役立ち情報ブログの

コラムを書いているにっしーです。

誰でも1度は、

つらいダイエット食の方法で、

失敗した経験があることでしょう。

メディアなどで、

急に取り上げられていたりするような、

ダイエットに良い食べ物だったりすると、

なぜかそこに根拠もなく、皆が集中して、

買っていったりしていた記憶があるひとも

少なからず、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回のコラムでは、

科学的な面と、医学的な面から、

ダイエットについて独自調査した結果から、

ダイエット食と、1日に食べる回数と量の最適解を

解説していきましょう。

ダイエットの効果が期待できる食べ物とは?

今、感染拡大の影響により、

ダイエットに悩んでいるひとが多いと思います。

偏った間違えた方法で食べていたり、

1つだけの食材に限定して食べるダイエットなど、

栄養失調の危険性をはらんだダイエットの食事方法は、

鼻から信用して、絶対にやってはならない方法ですね。

 

最近では、

ダイエット食として注目されて来ている、

オートミールなど、他にも多くありますが、

ダイエット食として一番大切な食べ物とは、

脂質が少ないものでもなく、

タンパク質が多いものでもなく、

ビタミンなどのミネラル分が多いものでもなく、

自分で選んで食べるものに対して、

量、クオリティ、味、偏り過ぎないバランス、

そして、良く咀嚼(噛んで)食べることです。

 

例えば、ジャンクフード、袋菓子、

脂質が偏りすぎたり、炭水化物ばかり、

食べ過ぎてカロリーを必要以上に摂るなど、

食べ物そのものが、自分に合ったものかどうかを

しっかり見極め選ぶことで、ダイエット効果がある、

食べ物になりますよね。

ダイエットに適した食事の回数って何回がいいの?

食事回数が何回がいいのか?

の最適解は、個々に違うものになります。

 

例えば、

毎日のハードワークで、動きが激しいひと、

毎日のデスクワークで、ほぼ動きが無いひと、

両者には、カロリー消費数は違いがあり、

その人のカラダの大きさ、胃腸の耐性、

胃酸の量など、消化サイクルの時間に個人差があるのです。

 

ですので、

毎食3回の食事で、

食べ過ぎていた場合、確実に、

必要以上のカロリーを摂ることになりますね。

 

食べるカロリーが必要以上となれば、

答えは太ることになるのは誰もがわかりますよね。

では、食事回数が何回がいいのかは、

きっちり1日3回の食事が良い人も居れば、

ほぼ1日1食、または2食で良いというひともいます。

私のおすすめとしては、

胃腸が弱くお腹を壊しやすいひとの場合では、

1日3食よりも回数を減らすか、食時の時間を

1日2回以下にして、1回目に食べた時間から、

約8時間~10時間程度あけてから食べると、

途中胃が動かない、お休みの時間が出来るため、

胃腸の調子が良くなるという研究結果もあるようですね。

 

いつも食べ過ぎて、

お腹を壊しやすいひとは、

食事の間隔を長めにあけて、

胃腸を休ませることがポイントですね。

 

その間の水分は水か白湯が良いでしょう。

もし途中で小腹が空いたら、

ナッツなどを良く噛んで食べると、

空腹感が多少は軽減します。

朝起きてすぐの白湯はとてもおススメです。

カラダが冷えるとダイエットの効果は期待できないのか?

カラダが冷えやすく、

ダイエットの効果が出にくいと感じるひとは、

冷え性の可能性があると言えるかもしれませんね。

 

冷え性がなぜダイエットに、

紐付けられているのかの根源は、

カラダが冷えると、血流が悪くなり、

必然的に代謝が下がる傾向にあるからです。

 

寝るとき中々寝付けなかったり、

カラダの筋肉が少なめのひとに多いのが冷え性です。

冷え性を予防していくためにも、

朝食べる習慣にしたり、就寝前と起床時に、

白湯をグラス1杯飲む習慣を行ったり、

固形物を朝食べるのが苦手なひとは、

プロテインやサプリメントなどを用いたりして、

おおよそ決めた時間に食事を摂ることが大切です。

 

ダイエットの効果を最大限にしていく習慣は、

毎日の1つの積み重ねで必ず成功できることでしょう。

ダイエットの効果を最大限にするために必要なこととは?

10代の頃は、食べ過ぎても、

何の異常は起きなかったのに、

加齢とともに、ちょっと調子にのり、

食べ過ぎると胃もたれになってしまったりして、

そんなひともすくなくないのではないでしょうか。

 

年齢相応に、

カロリー消費がどれくらいなのか、

取り入れて食べる量がどのくらいなのか

そこをちゃんと知っておく必要がありそうですね。

最後に

ダイエットで最も基礎なのが、

「噛んで食べる事」でしょう。

 

豆類を意識して、

多めに摂ることをおすすめします。

 

あとは、

ちゃんと自分で、

カラダに良いものかを選んで食べて、

運動もサボらず、ちゃんと行うことで、

ダイエットの効果は飛躍的に向上するでしょう。

他記事でも、

美容健康に関しての情報コラムや、

クリニックアートメイクのお店をご紹介、

などをしている記事を書いております。

他記事にも、ご興味がある項目があれば、

アーカイブ一覧の中からご覧くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございます。